HENSHIN by KAMEN RIDER

ELEMENTS、PHOTO、MARKINGで構成される、
オリジナルコレクション第2弾が販売開始

フィーチャーした各仮面ライダーを、ELEMENTS(要素)、PHOTO(写真)、MARKING(印)のコンセプトに分け展開する「HENSHIN by KAMEN RIDER」オリジナルコレクション第2弾がいよいよ発売開始する。
今回は、仮面ライダー「龍騎」、「オーズ/OOO」、「フォーゼ」、「エグゼイド」の4ライダーをフィーチャー。最新コレクションではどのようなラインナップで我々を楽しませてくれるのか注目してみよう。

MARKING

各仮面ライダーの要素を注入した同ブランドの「H」をベースに、“タギング”を彷彿させるグラフィカルなモチーフでTシャツやフーディーに反映する「MARKING」。本コレクションでもそのタギングを、様々な形で表現しているのが見どころだ。

仮面ライダー龍騎本編の鍵となる“ミラーワールド”への入り口である鏡を割ったグラフィックの中に映り込んだタギングを皮切りに、オーメダルからインスピレーションを受けたコインを積み上げ、Hの文字を模した仮面ライダーオーズのタギング。仮面ライダーフォーゼでは、宇宙ステーション内のモニター表示の中に、アストロスイッチを独自の解釈でデザインに落とし込んだタギング。そして仮面ライダーエグゼイドでは、ゲームを物語の軸とする世界観を踏襲し、バグった画面に浮かび上がるブランド名やエグゼイドのアルファベットなどに混ざりHを浮かび上がらせている。

PHOTO

続いて「PHOTO」。ここでも龍騎は、“ミラーワールド”をイメージしたカットを実際に撮影し、グラフィックと組み合わせた写真を採用。鏡文字のメッセージも印象的だ。仮面ライダーオーズは、自動販売機にコインを入れる動きを想像させる写真をモチーフとしてセレクト。宇宙との親和性が高いフォーゼのフォトは、NASAが使用するレプリカ宇宙服のヘルメットにブランド名を反射させている。そして主人公が医者でもあるエグゼイドは、メインカラーでもあるピンクの点滴にゲームのコントローラーを繋げた、ユニークなモーチフでその世界観をあらわしている。

ELEMENTS

そして最後は「ELEMENTS」。今回も1stコレクション同様に各ライダーの顔を大胆な幾何学的デザインで表現し、アーティスティックに描くことで「HENSHIN by KAMEN RIDER」としての独創性を前面に押し出している。 


また本コレクションでも引き続き素材にもこだわり、Tシャツには世界一とも言われる超長綿の高級新彊綿を編み上げ、品のある光沢、しなやかな肌触り、そして度重なる洗濯にもよれにくい強い特性を持つ生地を。フーディーには、糸の繊維をあえて不均一に紡績する空紡糸を使用した中肉のスウェット素材を採用している。

本コレクションでも、そのこだわりの仕上がりは健在だ。そして、あなたの中の「HENSHIN」願望を刺激する何かが、各アイテムには込められている。ぜひ一度手に取り、その世界観を体感していただきたい。

+ ITEMS

+ MORE

+ NEWS

+ MORE